メインイメージ

ひまわりの会は乳がん体験者、そのご家族の方を中心に、長野市民病院で活動している創設20年の歴史のある会です。ご関心のある方ならどなたでもご参加いただけます。

ひまわりの会について

基本理念・目的

ひまわりの会は、乳がん患者、または乳がん患者を家族に持つ方が、この会を通じて病に対して前向きで安心・安楽な気持ちが維持できるように、寄り添い、支えあうことを目的としています。
科学的根拠に基づいた情報発信と会員相互の親睦の場の提供を行う非営利の団体です。

ルール

  • ・講演会や親睦会などは主に長野市民病院で開催しています。
  • ・入会手続きの必要はありません。ホームページを見て、興味のある方は自由に参加できます。
  • ・参加の際はその都度参加費が必要になります(500円程度)。
  • ・開催のお知らせはすべてこのホームページ上で行います。

ひまわりの会の構成

  • ●会代表(2018年度)
  •  武蔵 礼子 (乳がん体験者コーディネーター)
  •  渡邊 まゆみ
  • ●協力者(外来部門)
  •  西村 秀紀先生(長野市民病院乳腺外科部長)
  •  小沢 恵介先生(長野市民病院乳腺外科副部長)
  •  加藤 純子看護師(乳がん看護認定看護師)
  • ●協力者(がん相談支援センター)
  •  横川 史穂子看護師(がん看護専門看護師)
  •  高池 和美看護師
  • ●アドバイザー
  •  富岡 菊子